December 19, 2018 / 7:03 AM / a month ago

日経平均は続落、終値で9カ月ぶり21000円割れ


*15:55JST 日経平均は続落、終値で9カ月ぶり21000円割れ
日経平均は続落。18日の米国市場でNYダウは3日ぶりに反発し、82ドル高となった。前日までの大幅下落を受けて買い戻しが先行し、334ドル高まで上昇する場面があったが、翌日発表される連邦公開市場委員会(FOMC)の結果等を見極めたいとの思惑から伸び悩んだ。こうした米国株の戻りの鈍さが意識され、本日の日経平均は8円安からスタートすると、朝方には一時20880.73円(前日比234.72円安)まで下落した。その後は下げ渋り、プラス圏に浮上する場面もあったが、米FOMCの結果発表を控え戻りは限定的だった。

大引けの日経平均は前日比127.53円安の20987.92円となった。終値ベースで21000円を下回るのは3月26日以来、およそ9カ月ぶりとなる。東証1部の売買高は17億3903万株、売買代金は2兆8046億円だった。業種別では、鉱業、電気・ガス業、石油・石炭製品が下落率上位だった。一方、空運業、建設業、精密機器が上昇率上位だった。

個別では、任天堂7974が3%超、東エレク8035が4%超の下落となった。東エレクはレーティング引き下げの動きが観測されている。その他売買代金上位もソフトバンクG9984、ファーストリテ9983、ソニー6758など全般さえない。武田薬4502やトヨタ自7203は小幅に下げた。原油安が嫌気された国際帝石1605、決算発表のツルハHD3391などは急落。また、新株予約権の発行を発表したコムチュア3844が東証1部下落率トップとなった。一方、ファナック6954、キーエンス6861、ホンダ7267などがしっかり。スズキ7269は2%超上昇した。また、通訳機が一部メディアで取り上げられたソースネクスト4344などが東証1部上昇率上位に顔を出した。

なお、本日上場したソフトバンク9434は公開価格1500円を下回る1463円で初値を付け、この日の安値となる1282円で取引を終えた。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below