December 20, 2018 / 6:55 AM / 6 months ago

日経平均は大幅に3日続落、全面安商状で年初来安値割り込む


*16:57JST 日経平均は大幅に3日続落、全面安商状で年初来安値割り込む
下記のとおり修正します。
(誤)3月26日に付けた終値ベースの年初来安値
(正)3月23日に付けた終値ベースの年初来安値

日経平均は大幅に3日続落。前日の米国市場では、注目のFOMC(連邦公開市場委員会)において、2019年の利上げ予想回数を2回へ引き下げ、パウエルFRB議長も将来のデータ次第で金融政策変更の可能性にも言及したが支援材料とはならず、引けにかけて下げ幅を拡大した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比290円安の20630円となり、東京市場には朝方から売りが先行した。その後は、上海総合指数をはじめとしたアジア株の軟調な動きや、日銀による金融政策決定会合の通過をきっかけに後場にかけて海外短期筋主導で一段安となった。急ピッチの下落を受けた個人投資家による投げ売りも急増するなか、日経平均の下げ幅は一時700円を超えた場面もあり、3月23日に付けた終値ベースの年初来安値を割り込んだ。

大引けの日経平均は前日比595.34円安の20392.58円となった。東証1部の売買高は18億2122万株、売買代金は3兆43億円だったほか、値下がり銘柄数は2000銘柄を超えており、全体の96%に達した。セクターでは、電気・ガス業を除く32業種全てが下落。

指数インパクトの大きいところでは、ソフトバンクG9984とユニファミマ8028の2銘柄で約75円程度指数を押し下げた。売買代金上位では、ファーストリテ9983、トヨタ自動車7203、ソニー6758、メガバンク、イオン8267、東京エレクトロン8035が軟調。一方で、ニューヨーク証券取引所に24日付で上場することを発表した武田薬品4502が7%を超える上昇となり、前日にIPOした通信のソフトバンク9434がプラス圏で引けたほか、任天堂7974、スズキ7269、花王4452などは逆行高。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below