January 25, 2019 / 7:06 AM / in 3 months

日経平均は4日ぶり大幅反発、ハイテク関連中心に買い


*16:03JST 日経平均は4日ぶり大幅反発、ハイテク関連中心に買い
日経平均は4日ぶり大幅反発。24日の米国市場では、連邦政府機関閉鎖の解除に向けて与野党がそれぞれ起草した法案が上院で否決されるなど、政治的な不透明感からNYダウは小幅安となったが、ザイリンクスやラム・リサーチなど好決算が相次いだことで半導体SOX指数は大幅に上昇した。これを受けて、本日の東京市場でも値がさのハイテク株中心に買いが先行する格好となった。また、中国をはじめとしたアジア株式市場も堅調な動きとなるなか、短期筋による指数先物買いも日経平均の上昇を後押しした。後場の寄付直後にこの日の高値(20844.31円)をつけた後は、週末要因に伴う利益確定の動きもみられ、次第に上値追いの動きは限られた。

大引けの日経平均は前日比198.93円高の20773.56円となった。東証1部の売買高は13億3094万株、売買代金は2兆2071億円だった。なお、値上がり銘柄数は1337銘柄となり、全体の6割程度を占めたほか、指数インパクトの大きいところでは、東京エレクトロン8035とファナック6954の2銘柄で約42円程度の指数の押し上げ要因となった。

売買代金上位では、SUMCO3436が11%高となったほか、ソフトバンクG9984、武田薬品4502、ソニー6758、日本電産6594、村田製作所6981、キーエンス6861、東海カーボン5301、小松製作所6301、資生堂4911、信越化学4063、太陽誘電6976が上昇した。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below