January 31, 2019 / 6:57 AM / 6 months ago

日経平均は大幅反発、決算ピーク前に上値は限定的


*15:54JST 日経平均は大幅反発、決算ピーク前に上値は限定的
日経平均は大幅反発。前日の米国市場では、主要企業の好決算を受けて買いが先行するなか、米連邦公開市場委員会(FOMC)を通過した後に一段高となり、引けにかけても堅調推移となった。大方の予想通り政策金利は据え置かれ、これまで年内2回を想定していた追加利上げ見通しを実質的に一時停止する方針へと転換したことや資産縮小も近く終了する可能性が示唆された。シカゴ日経225先物清算値は大阪比180円高の20790円となり、本日の東京市場では朝方から買いが先行。為替相場では、朝方から1ドル=109.00円を割り込むなど、前日から円高方向に振れており、1月21日につけた年始からの高値(20892.68円)水準を前に利益確定の動きが出やすくなった。また、好業績銘柄に対する物色は活発であったものの、本日はハイテク関連企業などをはじめとした約400社が決算発表を控えていたことからも、主力大型株に対する積極的な上値追いの動きは次第に限られた。

大引けの日経平均は前日比216.95円高の20773.49円となった。東証1部の売買高は13億5957万株、売買代金は2兆5574億円だった。なお、値上がり銘柄数は1563銘柄となり、全体の7割程度を占めた。売買代金上位では、前日に発表された決算に対する好反応のみられたアンリツ6754やアドバンテスト6857、TDK6762のほか、本日決算を引け後に控えた任天堂7974、村田製作所6981、みずほ8411などに物色が向かった。そのほか、ソフトバンクG9984、日本電産6594、ソニー6758、キーエンス6861なども上昇。一方で、引き続き新薬の臨床試験結果をマイナス視する動きが優勢となった大日本住友製薬4506のほか、前日に需給イベントのあった武田薬品4502や通信のソフトバンク9434などはさえない動きであった。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below