February 20, 2019 / 6:49 AM / 3 months ago

日経平均は3日続伸、後場伸び悩むも3ケタの上昇


*15:41JST 日経平均は3日続伸、後場伸び悩むも3ケタの上昇
日経平均は3日続伸。19日の米国市場ではウォルマートの決算が好感され、NYダウは8ドル高と小幅に続伸した。米中通商協議の進展期待などもあり、本日の日経平均は43円高からスタートすると、前場には21494.85円(前日比192.20円高)まで上昇する場面があった。為替が一時1ドル=110.90円台まで円安に振れたことなどが支援材料となった。後場の寄り付き直後に急速に上げ幅を縮めたが、売り買いが一巡すると米中協議などを見極めたいとの思惑から21400円を挟んだもみ合いで推移した。

大引けの日経平均は前日比128.84円高の21431.49円となった。東証1部の売買高は11億6836万株、売買代金は2兆0922億円だった。業種別では、非鉄金属、電気・ガス業、卸売業が上昇率上位だった。一方、石油・石炭製品、鉱業、証券が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の56%、対して値下がり銘柄は40%となった。

個別では、売買代金トップのソフトバンクG9984が3%を超える上昇となり、日経平均を約41円押し上げた。ソニー6758も2%超高と堅調。その他売買代金上位では任天堂7974やトヨタ自7203、欧州生産撤退を発表したホンダ7267などがしっかり。三菱UFJ8306やファーストリテ9983は小幅に上昇した。レーティング引き上げ観測のベネッセHD9783、関ペイント4613などは上げが目立つ。また、好材料が相次いだアルコニックス3036が東証1部上昇率トップとなった。一方、武田薬4502、キーエンス6861、ZOZO3092などは小幅に下落。早期退職募集の結果を公表した富士通6702は材料出尽くし感などから3%超下落した。また、レオパレス218848は施工不備を巡る一部メディアの報道がネガティブ視されて急反落し、東証1部下落率トップとなった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below