May 7, 2019 / 6:45 AM / 2 months ago

日経平均は大幅続落、米中懸念で1カ月ぶり22000円割れ


*15:43JST 日経平均は大幅続落、米中懸念で1カ月ぶり22000円割れ
日経平均は大幅続落。6日の米国市場でNYダウは66ドル安と反落したが、トランプ大統領が対中関税の引き上げを表明したことが嫌気され、下げ幅を470ドル超に広げる場面があった。10連休明けの日経平均も米中摩擦への懸念から74円安でスタートすると、節目の22000円割れまで下落。前引けにかけ中国株の反発スタートを受けて下げ渋る場面も見られたが、後場に入ると中国メディアが協議中断の可能性を示唆したことなどから再び弱含み、一時21875.11円(前営業日比383.62円安)まで下落した。

大引けの日経平均は前営業日比335.01円安の21923.72円となった。終値で22000円を下回るのは4月12日以来、およそ1カ月ぶり。東証1部の売買高は15億6494万株、売買代金は3兆2176億円だった。業種別では、鉱業、機械、ガラス・土石製品が下落率上位だった。一方、医薬品、精密機器、水産・農林業が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の68%、対して値上がり銘柄は29%となった。

個別では、任天堂7974、ファーストリテ9983、トヨタ自7203、キーエンス6861などがさえない。ファナック6954や安川電6506といった中国関連株は軟調ぶりが目立った。傘下の投資ファンドが上場検討と報じられたソフトバンクG9984は、買いが先行したもののマイナスに転じた。今期2ケタ減益見通しの村田製6981が急落し、太陽誘電6976などにも売りが波及。コマツ6301も決算を受け売りがかさんだ。また、アルヒ7198が東証1部下落率トップとなった。一方、決算が好感されたソニー6758や日立6501、HOYA7741などは堅調で、花王4452などディフェンシブ株の一角にも資金が向かった。ZOZO3092は買い戻しが広がり急反発。また、イーブック3658やM&Aキャピ6080がストップ高水準まで買われ、SMS2175も急伸し東証1部上昇率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below