May 23, 2019 / 6:50 AM / in 3 months

日経平均は反落、ハイテク株売り目立つ


*15:48JST 日経平均は反落、ハイテク株売り目立つ
23日の日経平均は反落。前日の米国株式市場で、主要3指数は軟調推移となるなか、為替相場においてもドル円が円高方向に傾き、本日の東京市場は前述したさえない外部環境を背景に朝方から売りが先行した。なかでも、華為技術(ファーウェイ)に対する制裁措置の影響が懸念され、日本のハイテク株に対する売りが目立つ格好に。東証1部銘柄のうちの約6割近くが下落するなか、物色は内需ディフェンシブ銘柄へと消去法的な買いが向うに留まった。一方、日経平均は後場にかけて下げ渋ったものの、中国株をはじめとしたアジア市場がさえないなかで、積極的な押し目買いの動きは限られた。

大引けの日経平均は前日比132.23円安の21151.14円。東証1部の売買高は11億5542万株、売買代金は2兆853億円だった。

業種別では、鉱業が4%安となったほか、石油・石炭製品や海運業、建設業が軟調な動きとなった一方で、水産・農林業、陸運業、食料品、電気・ガス業は堅調。値上がり率トップはメディカルデータビジョン3902となり、5月15日につけた年初来高値を更新したほか、ぐるなび2440やデジタル・インフォメーション・テクノロジー3916などがそれに続いて上位に並んだ。売買代金上位では、スプリントの合併計画に不透明感が再燃したソフトバンクG9984が大幅安となったほか、ソニー6758、村田製作所6981、安川電機6506、東京エレクトロン8035、TDK6762といったハイテク株の下落が目立った。一方で、任天堂7974、ファーストリテ9983、トヨタ自動車7203、リクルートホールディングス6098はプラス圏で大引けを迎えた。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below