May 30, 2019 / 7:11 AM / in 3 months

日経平均は続落、終値ベースで2ヶ月ぶりに21000円割り込む


*16:06JST 日経平均は続落、終値ベースで2ヶ月ぶりに21000円割り込む
30日の日経平均は続落。前日の米国株式市場で、貿易摩擦問題を巡り、中国が米国への対抗措置としてレアアースの輸出制限を検討していることが報じられたことが嫌気され、主要3指数は揃って続落。これにより、シカゴ日経225先物清算値は大阪比75円安の20875円となり、本日の東京市場は朝方は節目の21000円を割り込んで売り先行でのスタートになった。その後も、為替相場では、前日の日中比で円安方向に振れていたものの、中国株が軟調な動きとなるなかで指数先物に対する断続的な売りも観測され、節目の21000円を前に戻りは鈍かった。結局、日経平均は終値ベースで、3月25日以来約2ヶ月ぶりに21000円を割り込んだ。

大引けの日経平均は前日比60.84円安の20942.53円。東証1部の売買高は11億1333万株、売買代金は1兆9218億円だった。

業種別では、パルプ・紙が2%安となったほか、医薬品、サービス業、その他製品、食料品、精密機器が軟調な一方で、石油・石炭製品、鉱業、保険業は上昇。売買代金上位では、任天堂7974、ファーストリテ9983、ソフトバンクG9984、武田薬品4502、資生堂4911、花王4452、リクルートホールディングス6098、アステラス製薬4503が軟調。一方で、前日の米国市場で半導体SOX指数が5営業日ぶりに反発となったことを受けて東京エレクトロン8035が3%高となったほか、ソニー6758、三菱UFJ8306、太陽誘電6976、ファナック6954が上昇。そのほか、レアアース関連とされる東邦チタニウム5727や大阪チタニウム5726は揃って7%高になった。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below