June 5, 2019 / 6:53 AM / 16 days ago

日経平均は6日ぶり大幅反発、米株高受け一時400円近い上げ


*15:44JST 日経平均は6日ぶり大幅反発、米株高受け一時400円近い上げ
日経平均は6日ぶり大幅反発。4日の米国市場でNYダウは512ドル高と大幅続伸し、今年2番目の上げ幅を記録した。連邦準備理事会(FRB)による早期利下げ観測が強まったほか、中国、メキシコとの通商摩擦への懸念も和らいだ。本日の日経平均はこうした流れを引き継いで259円高からスタートすると、寄り付き後も上げ幅を広げ、前引けでこの日の高値20800.64円(前日比392.10円高)を付けた。後場に入ると戻り待ちの売りも出て、高値圏でこう着感を強めた。

大引けの日経平均は前日比367.56円高の20776.10円となった。東証1部の売買高は12億8095万株、売買代金は2兆2402億円だった。業種別では、全33業種がプラスとなり、ガラス・土石製品、精密機器、金属製品、非鉄金属、証券が上昇率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の93%、対して値下がり銘柄は6%となった。

個別では、ソフトバンクG9984、任天堂7974、トヨタ自7203、ソニー6758、三菱UFJ8306など売買代金上位は全般堅調。第一三共4568はがん治療薬の試験結果を好感した買いが続き6%超高。キーエンス6861、安川電6506といった設備投資関連株も上げが目立った。レーティング引き上げ観測の邦チタニウム5727や大阪チタ5726、米社とのライセンス契約締結が材料視されたサンリオ8136は急伸。また、双信電機6938はテーマ株物色に乗りストップ高を付けた。一方、売買代金上位ではファーストリテ9983と花王4452が逆行安。ファーストリテは5月の国内「ユニクロ」既存店売上高が2カ月連続の減収となり、花王などディフェンシブ株の一角では資金逃避の動きが見られた。また、前期決算の下振れが嫌気されたアインHD9627や5月の売上速報を発表したアダストリア2685が東証1部下落率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below