June 25, 2019 / 7:05 AM / 21 days ago

日経平均は反落、ドル・円107円割れで弱含み


*16:01JST 日経平均は反落、ドル・円107円割れで弱含み
日経平均は反落。24日の米国市場でNYダウは8ドル高と小幅な反発にとどまった。米中摩擦の緩和期待から買いが先行したものの、中東情勢を巡る地政学リスクの高まりなどが重しとなった。本日の日経平均もこうした流れを引き継いで47円安と小安くスタートし、朝方は前日終値を挟んだもみ合いが続いた。しかし、1ドル=106円台後半まで円高が進んだことに加え、昼ごろに伝わったトランプ米大統領の日米安全保障条約に関する発言報道を嫌気する向きもあり、後場には一時21114.47円(前日比171.52円安)まで下落した。

大引けの日経平均は前日比92.18円安の21193.81円となった。東証1部の売買高は10億2985万株、売買代金は1兆7305億円だった。業種別では、鉱業、証券、電気・ガス業が下落率上位だった。一方、パルプ・紙、倉庫・運輸関連業、陸運業が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の56%、対して値上がり銘柄は38%となった。

個別では、ソニー6758が2%安、東エレク8035が3%安となったほか、ソフトバンクG9984、ファーストリテ9983、JT2914、トヨタ自7203などがさえない。マクセルHD6810は本日、特別配当の権利付き最終売買日だったが、翌日の権利落ちに伴う株価下落を見越した売りが出て6%近く下落した。決算発表銘柄ではしまむら8227が朝高後下げに転じ、あさひ3333は朝方に一時急落。また、業績予想を修正したITM2148や台湾企業の出資離脱を発表したJDI6740が東証1部下落率上位に顔を出した。一方、武田薬4502、ZOZO3092、コマツ6301などはしっかり。第1四半期が好決算となった壱番屋7630やリリースが材料視された日本通信9424は大きく買われ、防衛関連の石川製6208が後場急伸し東証1部上昇率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below