June 27, 2019 / 7:24 AM / 24 days ago

日経平均は3日ぶり大幅反発、アジア株高や円安推移を好感


*16:13JST 日経平均は3日ぶり大幅反発、アジア株高や円安推移を好感
27日の日経平均は3日ぶり大幅反発。前日の米国株式市場で、ムニューシン米財務長官が米中協議の合意に自信を示した一方で、トランプ大統領が米中首脳会談で進展がない場合に巨額の追加関税を実施すると改めて警告するなど、強弱材料入り混じるなかで主要3指数は高安まちまち。そんななか、本日の東京市場は、米ハイテク株高や為替市場の円安・ドル高を背景に朝方から電子部品関連中心に買いが先行した。その後も、香港メディアによって米中貿易戦争は一時休戦と伝わり、クロス円でリスク選好的な円売りの動きが強まった。後場にかけて1ドル=108円レベルまで円安方向に振れたほか、アジア株式市場の堅調な動きも支援材料となり、短期筋による指数先物への断続的な買いが入った。これにより、日経平均は大引けにかけてじりじりと上げ幅を拡大する展開になった。

大引けの日経平均は前日比251.58円高の21338.17円。東証1部の売買高は12億436万株、売買代金は2兆34億円だった。

業種別では、機械、海運業、石油・石炭製品、ガラス・土石製品、証券・商品先物取引業、鉱業が2%を超える上昇となった一方で、水産・農林業、医薬品、食料品はさえない動きに。売買代金上位では、ソフトバンクG9984が3%高になったほか、東京エレクトロン8035、三菱UFJ8306、村田製作所6981、NTT9432、SUMCO3436、キーエンス6861、ダイキン工業6367、三井住友FG8316、安川電機6506が上昇。また、国内大手証券による日経平均入替予想が伝わり、新規採用への期待感の高まったカカクコム2371や任天堂7974、ZOZO3092にも関心が向かったほか、JDI6740は、米アップルが1億ドルを出資する方向になったとの報道が伝わり急伸した。一方で、ファーストリテ9983、JT2914、アステラス製薬4503、武田薬品4502は軟調。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below