July 1, 2019 / 6:57 AM / 21 days ago

日経平均は大幅反発、米中摩擦の激化回避で安心感


*15:54JST 日経平均は大幅反発、米中摩擦の激化回避で安心感
日経平均は大幅反発。注目された先週末の米中首脳会談では、両国が通商協議の再開で一致し、米国は新たな対中制裁関税を課さない方針を示した。先週は会談結果を見極めたいとのムードが強かっただけに、摩擦激化が回避されたことに安心感が広がり、週明けの日経平均は290円高からスタート。半導体関連株や電子部品株を中心に幅広い銘柄が買われ、日経平均は寄り付き後も上げ幅を拡大する展開で、大引けにかけ一時21758.34円(前週末比482.42円高)まで上昇した。

大引けの日経平均は前週末比454.05円高の21729.97円となった。終値としては5月7日以来、およそ2カ月ぶりの高値水準となる。東証1部の売買高は12億0244万株、売買代金は2兆2028億円だった。業種別では、全33業種がプラスとなり、海運業、金属製品、電気機器、機械、医薬品が上昇率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の94%、対して値下がり銘柄は5%と全面高の展開になった。

個別では、任天堂7974、ソフトバンクG9984、ファーストリテ9983、トヨタ自7203など売買代金上位は全般堅調。米国が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への部品販売を一部認める方針と伝わり、太陽誘電6976が15%近い上昇。その他電子部品株では村田製6981やTDK6762、半導体関連株では東エレク8035やアドバンテス6857が大きく買われた。前期決算が市場予想を上回った日本オラクル4716も急伸。また、業務停止命令を受けたTATERU1435は悪材料出尽くし感が先行し、東証1部上昇率トップとなった。一方、売買代金上位では楽天4755が逆行安。投資先の米リフト株について評価損を計上すると発表している。業績下方修正を発表したペッパー3053も売りが先行。JSR4185は一部報道を受け、韓国に対する半導体材料の輸出規制導入を警戒した売りが出た。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below