July 3, 2019 / 6:50 AM / in 3 months

日経平均は3日ぶり反落、円高と通商摩擦に懸念


*15:41JST 日経平均は3日ぶり反落、円高と通商摩擦に懸念
日経平均は3日ぶり反落。2日の米国市場でNYダウは3日続伸し、69ドル高となった。欧州中央銀行(ECB)の総裁人事などに絡み金融緩和への期待が根強く、相場を押し上げた。一方で、米長期金利の低下に伴い円相場が一時1ドル=107円台半ばまで上昇し、本日の日経平均は円高を嫌気して70円安からスタート。米中通商摩擦の長期化などを懸念する向きもあって輸出関連株を中心に売りが広がり、日経平均は寄り付き後も下げ幅を広げ、後場には21566.65円(前日比187.62円安)まで下落する場面があった。

大引けの日経平均は前日比116.11円安の21638.16円となった。東証1部の売買高は10億0890万株、売買代金は1兆9222億円だった。業種別では、石油・石炭製品、鉱業、精密機器が下落率上位だった。一方、水産・農林業、電気・ガス業、小売業が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の50%、対して値上がり銘柄は46%となった。

個別では、ソフトバンクG9984、東エレク8035、トヨタ自7203、ZOZO3092などが軟調。村田製6981、太陽誘電6976といった電子部品株の下げが目立ち、安川電6506が5%近く下落するなど設備投資関連株も大きく売られた。6月既存店売上高が5カ月ぶりのマイナスに転じたアダストリア2685は急反落。また、象印マホービン7965などが東証1部下落率上位に顔を出した。一方、6月の「ユニクロ」既存店売上高が大幅な増収となったファーストリテ9983は売買代金トップで2%超の上昇。投資ファンドを組成と報じられたソニー6758のほか、任天堂7974、NTT9432、ダイキン工6367などはしっかり。中小型株では新工場開設を発表したエンビプロHD5698などが急伸し、6月の売上状況が好感されたジンズメイト7448はストップ高水準で取引を終えた。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below