July 26, 2019 / 6:45 AM / 4 months ago

日経平均は4日ぶり反落、ディスコやオムロン急落、景気敏感株に警戒感も


*15:42JST 日経平均は4日ぶり反落、ディスコやオムロン急落、景気敏感株に警戒感も
日経平均は4日ぶり反落。25日の米国市場でNYダウは続落し、128ドル安となった。ボーイングやスリーエムといった主要企業の決算が嫌気され、堅調な経済指標を受けて大幅利下げへの期待が後退したことも売りを誘った。本日の日経平均は米株安の流れを引き継ぎ、利益確定の売りが先行して56円安からスタート。前日発表された決算に対する反応はまちまちだったが、ここまで相場をけん引してきた景気敏感株を中心に先行きへの警戒感が出て、日経平均は前場に一時21590.66円(前日比165.89円安)まで下落した。

大引けの日経平均は前日比98.40円安の21658.15円となった。東証1部の売買高は9億2618万株、売買代金は1兆7301億円だった。業種別では、非鉄金属、輸送用機器、機械が下落率上位だった。一方、情報・通信業、医薬品、精密機器が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の66%、対して値上がり銘柄は29%となった。

個別では、東エレク8035やトヨタ自7203が軟調で、前日にストップ高を付けたアドバンテス6857はやや売り優勢だった。ファーストリテ9983も小幅ながら下落。ディスコ6146やオムロン6645が前日発表した決算を受けて急落し、決算発表を控えたキーエンス6861など他の半導体関連株やFA(ファクトリーオートメーション)関連株にも売りが波及した。また、イーブック3658や日清粉G2002が東証1部下落率上位に並んだ。一方、2号ファンド設立を発表したソフトバンクG9984のほか、ソニー6758や日本電産6594がしっかり。日本電産の第1四半期は2ケタ減益だったが、成長期待が続いたようだ。任天堂7974は小幅に上昇した。好決算のエムスリー2413やNRI4307、本業ベースでの大幅増益が好感された富士通6702は急伸。また、エイトレッド3969はストップ高水準まで買われた。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below