August 27, 2019 / 6:55 AM / 21 days ago

日経平均は反発、米中協議再開で買い先行も上値重く


*15:52JST 日経平均は反発、米中協議再開で買い先行も上値重く
日経平均は反発。26日の米国市場でNYダウは反発し、269ドル高となった。トランプ大統領が中国との貿易協議の再開に前向きな姿勢を示し、米中摩擦への警戒感が和らいだ。円相場は一時1ドル=106円台まで円安方向に振れ、本日の日経平均は買い戻し先行で206円高からスタートすると、前場には20529.94円(前日比268.90円高)まで上昇する場面があった。しかし円相場が強含みとなったうえ、米中協議の先行きに対する懸念も根強く、積極的に上値を追う動きは限られた。

大引けの日経平均は前日比195.04円高の20456.08円となった。東証1部の売買高は10億4296万株、売買代金は1兆7695億円だった。業種別では、ゴム製品、その他製品、情報・通信業が上昇率上位で、その他も全般堅調。保険業と水産・農林業のみ下落した。東証1部の値上がり銘柄は全体の69%、対して値下がり銘柄は26%となった。

個別では、ソフトバンクG9984やファーストリテ9983が堅調で、この2銘柄で日経平均を約64円押し上げた。その他売買代金上位では任天堂7974、トヨタ自7203、ソニー6758などがしっかり。一部証券会社のレーティング引き上げが観測されたSUBARU7270は5%近い上昇。パチスロ新機種への期待が高まったセガサミーHD6460も大きく買われた。また、トップ人事を発表した経営再建中の曙ブレーキ7238が東証1部上昇率トップとなった。一方、傘下のリクルートキャリアが個人情報保護委員会から是正勧告を受けたリクルートHD6098が軟調。東京海上8766、新生銀8303、資生堂4911は小安い。このところ賑わっていた中小型株に利益確定の売りが広がり、enish3667やチャームケア6062、KLab3656が東証1部下落率上位に顔を出した。


《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below