September 30, 2019 / 7:00 AM / 23 days ago

日経平均は続落、米中懸念などから一時200円超安


*15:54JST 日経平均は続落、米中懸念などから一時200円超安
日経平均は続落。27日の米国市場でNYダウは続落し、70ドル安となった。トランプ政権が中国企業の米株式市場での上場廃止や、政府年金基金を通じた中国市場への投資制限を検討していると報じられ、米中関係の更なる悪化が懸念された。週明けの日経平均もこうした流れを引き継いで85円安からスタートすると、前場は21800円を挟みもみ合う展開が続いた。ただ後場に入ると弱含み、取引終盤には一時21666.60円(前週末比212.30円安)まで下落した。配当再投資に絡んだ思惑一服なども背景にあったとみられている。

大引けの日経平均は前週末比123.06円安の21755.84円となった。東証1部の売買高は12億6255万株、売買代金は2兆3371億円だった。業種別では、電気・ガス業、空運業、鉱業が下落率上位で、その他も全般軟調。サービス業のみ小幅に上昇した。東証1部の値下がり銘柄は全体の76%、対して値上がり銘柄は22%となった。

個別では、ソフトバンクG9984やトヨタ自7203、武田薬4502が2%超の下落。ソフトバンクGは米政権が対中投資制限を検討との報道で、保有する中国アリババ集団株が大きく下落したことが嫌気された。その他売買代金上位では任天堂7974、三菱UFJ8306、東エレク8035などが軟調。金品受領問題に揺れる関西電力9503は大幅に3日続落した。また、新薬の治験結果が不調だった大塚HD4578、新作ゲームの売上ランキングが後退したKLab3656などが東証1部下落率上位に並んだ。一方、エムスリー2413が売買代金トップで5%の上昇。引けにかけて日経平均構成銘柄への新規採用に伴う買い需要が発生した。ファーストリテ9983やリクルートHD6098もしっかり。スマートフォンゲーム「ドラゴンクエストウォーク」の好調持続でスクエニHD9684が5%高となり、コロプラ3668は連日でストップ高を付けた。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below