October 9, 2019 / 6:57 AM / 14 days ago

日経平均は反落、米中懸念先行も売買手控え


*15:52JST 日経平均は反落、米中懸念先行も売買手控え
日経平均は反落。8日の米国市場でNYダウは続落し、313ドル安となった。中国がウイグル族を弾圧しているとして、トランプ政権が中国の政府機関や監視カメラ企業を禁輸措置の対象に加えたと発表し、米中摩擦への懸念が強まった。本日の日経平均もこれを嫌気して227円安からスタートしたが、10日から開かれる米中閣僚級協議の結果を見極めたいとの思惑から積極的な売買は手控えられ、寄り付きを安値にマイナス圏でもみ合う展開となった。後場は日銀による上場投資信託(ETF)買い入れ観測もあり、やや下げ渋った。

大引けの日経平均は前日比131.40円安の21456.38円となった。東証1部の売買高は10億4524万株、売買代金は1兆8035億円だった。業種別では、鉱業、石油・石炭製品、保険業が下落率上位だった。一方、電気・ガス業、繊維製品、食料品が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の46%、対して値上がり銘柄は50%となった。

個別では、ソフトバンクG9984、ソニー6758、キーエンス6861などがさえない。ファーストリテ9983は小幅に下落した。米半導体株安の流れを引き継いでアドバンテス6857は2%超、SUMCO3436は3%超の下落。前日に業績下方修正を発表したイズミ8273は大幅反落し、取引時間中に決算発表したファミマ8028やUSMH3222も売られる場面があった。また、神東塗料4615が東証1部下落率トップとなり、オルトプラス3672やルネサス6723も上位に顔を出した。一方、任天堂7974、トヨタ自7203、東エレク8035は小じっかり。内需・ディフェンシブ系銘柄の一角に資金が向かい、OLC4661や花王4452の堅調ぶりが目立った。決算発表銘柄ではライフコーポ8194が後場上げ幅を拡大し、井筒屋8260は東証1部上昇率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below