November 28, 2019 / 7:17 AM / 10 days ago

日経平均は5日ぶり反落、香港人権法署名を嫌気する場面も


*16:11JST 日経平均は5日ぶり反落、香港人権法署名を嫌気する場面も
本日の日経平均は5日ぶり反落となった。前日の米国株式市場では、米中交渉合意への期待が高まるなか、市場予想を上回る米経済指標が相次ぎ、主要3指数は揃って4日続伸したが、東京市場朝方にトランプ米大統領が香港人権・民主主義法に署名したことが伝わった。朝方の日経平均は底堅いスタートとなったが、米中協議への楽観的な見方がやや後退するなか、これを嫌気する格好から寄付直後の日経平均はマイナスに転じた。一方で、為替相場やアジア株式市場の反応が限定的であったことから、次第に日本株に対する押し目買いの動きもみられた。大引けにかけては、今晩の米国株式相場が感謝祭で休場、翌29日も午後1時までの短縮取引となるため、閑散取引が意識されるなかで模様眺めムードが強まった。

大引けの日経平均は前日比28.63円安の23409.14円となった。東証1部の売買高は9億2501万株、売買代金は1兆5982億円だった。

業種別では、金属製品や陸運業が1%安になったほか、鉱業や機械などが軟調である一方で、医薬品や空運業、鉄鋼などは堅調。東証1部の値上がり率銘柄では、ファルテック7215がストップ高になったほか、大真空6962やサイバーリンクス3683がそれに続いて大幅高に。売買代金上位銘柄では、ソニー6758、ファーストリテ9983、東京エレクトロン8035、ZOZO3092、村田製作所6981、ホンダ7267、武田薬品4502がさえない。一方で、半導体事業の売却報道のあったパナソニック6752や米電子部品子会社に対して完全子会社化を提案した京セラ6971のほか、ソフトバンクG9984、任天堂7974、トヨタ自動車7203、日立6501、信越化学4063は上昇。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below