for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は続落も、トランプ大統領弾劾決議採決への警戒感は限定的


*16:03JST 日経平均は続落も、トランプ大統領弾劾決議採決への警戒感は限定的
本日の日経平均は続落となった。東京時間の朝方にかけて、米下院本会議がトランプ大統領をウクライナ疑惑で弾劾訴追決議をしたと伝わると、値がさ株中心に売られる展開となった。一方で、日経平均は引けにかけては下げ渋り、大きく値崩れする展開には至らなかった。背景としては、為替相場が1ドル=109円半ばの円安基調を維持していたほか、市場では、前述した訴追決議案が上院を通過する可能性は極めて低く、影響は限定的との見方が多い状況であった。また、日本銀行による金融政策決定会合では、金融政策の現状維持決定で通過したタイミングでもあり、押し目買いの動きも散見された。

大引けの日経平均は前日比69.58円安の23864.85円となった。東証1部の売買高は11億6178万株、売買代金は1兆9908億円だった。

業種別では、パルプ・紙が2%安になったほか、証券・商品先物取引業、その他製品、海運業が軟調な一方で、鉱業、情報・通信業、不動産業、医薬品業はしっかり。売買代金上位では、前日に日立化成
4217の買収を正式に発表したが昭和電工4004が2%安になったほか、任天堂7974、東京エレクトロン8035、キーエンス6861、ファーストリテ9983、資生堂4911、野村ホールディングス8604、村田製作所6981、信越化4063が下落。一方で、前述の日立化成が11%高になり、三菱重7011との和解や事業再編などを正式に発表した日立6501は4%高となった。また、ソフトバンクG9984、ソニー6758、トヨタ自動車7203、SUMCO3436、アドバンテスト6857、KDDI9433は上昇。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up