December 25, 2019 / 6:55 AM / a month ago

日経平均は3日ぶり反落、一段と売買低調で動意薄


*15:46JST 日経平均は3日ぶり反落、一段と売買低調で動意薄
日経平均は3日ぶり反落。24日の米国市場でNYダウは4日ぶりに反落し、36ドル安となった。午後1時までの短縮取引で、翌25日にクリスマスの祝日を控え利益確定売りが優勢だった。本日の日経平均もNYダウが下落した流れを引き継ぎ16円安からスタート。クリスマスの祝日で海外投資家の取引参加が減り、動意薄の展開が続くなかで散発的に利益確定の売りが出た。日経平均はこの日の安値で取引を終えたが、日中の上下の値幅は42円ほどと小動きにとどまった。

大引けの日経平均は前日比47.71円安の23782.87円となった。東証1部の売買高は7億7659万株、売買代金は1兆0992億円と連日で今年最低を記録し、およそ7年ぶりの低水準だった。業種別では、鉄鋼、パルプ・紙、水産・農林業が下落率上位で、その他も全般軟調。医薬品のみ小幅に上昇した。東証1部の値下がり銘柄は全体の74%、対して値上がり銘柄は22%となった。

個別では、売買代金トップのソフトバンクG9984やトヨタ自7203がさえない。JT2914や東エレク8035は小安い。副最高執行責任者(COO)の退任を発表した日産自7201が3%の下落となり、インド子会社の完全子会社化を発表した小糸製7276は5%超下落した。前日に決算発表したしまむら8227やスギHD7649、在庫を過大計上した可能性を公表したJDI6740も大きく売られ、中小型株では日本通信9424が買い一巡後に急反落。また、石川製6208などが東証1部下落率上位に顔を出した。一方、任天堂7974、ファーストリテ9983、ソニー6758が小幅に上昇。中小型株ではプレサンス3254やレーザーテク6920がプラスで取引を終えた。一部証券会社の投資判断引き上げが観測されたサムコ6387、決算が好感されたストライク6196はストップ高を付けた。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below