for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は反発、新型肺炎への警戒感和らぎ24000円台回復


*15:48JST 日経平均は反発、新型肺炎への警戒感和らぎ24000円台回復
日経平均は反発。21日の米国市場でNYダウは6日ぶりに反落し、152ドル安となった。中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎拡大への懸念から売りが出た。本日の日経平均は米株安の流れを引き継いで29円安からスタートしたが、前日に218円安と大きく下落していただけに、その後買い戻しが入りプラス圏へ浮上。新型肺炎への過度な警戒感が和らぎ、やはり前日下げの目立っていた香港株が反発したことも安心感につながって、日経平均は上げ幅を3ケタに広げ24000円台を回復した。

大引けの日経平均は前日比166.79円高の24031.35円となった。東証1部の売買高は10億0180万株、売買代金は1兆8868億円だった。業種別では、サービス業、化学、精密機器が上昇率上位だった。一方、鉱業、電気・ガス業、ゴム製品が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の60%、対して値下がり銘柄は35%となった。

個別では、東エレク
8035など半導体関連株の一角で上げが目立ち、アドバンテス6857は4%近い上昇。米アップルが台湾積体電路製造(TSMC)に半導体増産を要請したなどと報じられている。リクルートHD6098も4%近い上昇で、株式分割考慮後の上場来高値を更新した。前日に決算発表した東製鉄5423は3%超の上昇。その他では資生堂4911が反発し、ソニー6758やソフトバンクG9984は小じっかり。また、ウイルス対策関連との見方からニイタカ4465や神栄3004が買われ、東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、トヨタ自7203やファーストリテ9983は小安い。塩野義薬4507は高インフルエンザ薬に関する一部報道を受けて3%の下落。ディーゼル車を巡る不正の疑いで独当局の捜査を受けたと伝わった三菱自7211も売りがかさんだ。また、東芝6502子会社の架空取引に絡みネットワン7518が急落し、東証1部下落率トップとなった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up