January 31, 2020 / 7:15 AM / a month ago

日経平均は大幅反発、WHO宣言受け買い戻しも伸び悩む


*16:09JST 日経平均は大幅反発、WHO宣言受け買い戻しも伸び悩む
日経平均は大幅反発。30日の米国市場でNYダウは3日続伸し、124ドル高となった。新型肺炎を巡り世界保健機関(WHO)が緊急事態を宣言したものの、渡航・貿易制限が勧告されず経済への影響は抑えられるとの見方が広がった。米株高を受けて本日の日経平均も171円高からスタート。海外投資家が株価指数先物に買い戻しを入れたほか、個別でも好決算銘柄を中心に買いが入り、日経平均は前場に一時23421.59円(前日比443.84円高)まで上昇した。ただ決算発表のピークを前に、買い一巡後は伸び悩む展開となった。

大引けの日経平均は前日比227.43円高の23205.18円となった。東証1部の売買高は13億7692万株、売買代金は2兆6149億円だった。業種別では、鉄鋼、不動産業、医薬品が上昇率上位だった。一方、海運業、その他製品、鉱業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の70%、対して値下がり銘柄は27%となった。

個別では、ソニー6758やファーストリテ9983がしっかり。トヨタ自7203は小幅高となった。決算発表銘柄では東エレク8035などが買われ、今期業績予想を上方修正した富士通6702やアンリツ6754は商いを伴って急伸。中外薬4519、マキタ6586、新光電工6967なども上げが目立った。また、ダイトウボウ3202は新型肺炎対策に絡んだ思惑から連日でストップ高を付け、MBO(経営陣が参加する買収)実施を発表した豆蔵HD3756は買い気配のままストップ高比例配分となった。一方、任天堂7974は売買代金トップで3%超の下落。今期業績予想を上方修正したものの、市場の期待に届かなかった。ソフトバンクG9984は利益確定売り優勢で、SCREEN7735は連日の大幅安。アルプスアル6770などは決算を受けて急落し、M&Aキャピ6080はストップ安を付けた。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below