February 6, 2020 / 7:01 AM / 17 days ago

日経平均は大幅に3日続伸、外部環境改善による買い戻しで一時600円高


*16:06JST 日経平均は大幅に3日続伸、外部環境改善による買い戻しで一時600円高
 

本日の日経平均は大幅に3日続伸となった。前日の米国市場では、中国の大学がコロナウイルスによる肺炎に効果的な治療薬を発見したとの報道や市場予想を上回る1月ADP雇用統計やISM非製造業指数といった経済指標を受け、主要3指数は揃って3日続伸。これを受けた、市場での新型肺炎に対する過度な懸念の後退や、為替相場が1ドル=110円台突入を窺うような円安基調となるなか、本日の東京市場には朝方から買いが先行した。その後も、足元で売りの目立った商品投資顧問(CTA)などとみられる海外短期筋による指数先物に対する買い戻しの動きが継続し、日経平均の上げ幅は一時600円を超えた。また、後場中に発表されたトヨタ自動車7203の第3四半期決算では、通期の利益見通しが上方修正されたことが好感される展開となった。

大引けの日経平均は前日比554.03円高の23873.59円となった。東証1部の売買高は16億5442万株、売買代金は3兆510億円だった。

セクターでは、東証33業種が上昇するなか、とりわけ保険業が3%高になったほか、石油・石炭製品、精密機器、輸送用機器、医薬品などの上昇が目立った。売買代金上位銘柄では、前日の上半期業績が従来計画を大幅に上振れて着地したパンパシHD7532が17%高、市場想定を上回る10-12月期決算が評価されたZホールディングス4689も5%高になったほか、ソニー6758、任天堂7974、トヨタ自動車、ソフトバンクG9984、ファーストリテ9983、三菱UFJ8306、村田製作所6981、武田薬4502が上昇。一方で、決算後の出尽くし感からスクエニHD9684やコロプラ3668が急落したほか、東京エレクトロン8035などもさえない。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below