February 28, 2020 / 7:11 AM / 5 months ago

日経平均は大幅に5日続落、肺炎懸念で一時21000円割れ、週間で2200円超安


*16:05JST 日経平均は大幅に5日続落、肺炎懸念で一時21000円割れ、週間で2200円超安
日経平均は大幅に5日続落。27日の米国市場でNYダウは大幅に6日続落し、1190ドル安と過去最大の下げ幅を記録した。新型コロナウイルスの感染拡大で、世界経済への悪影響に対する懸念が一段と強まった。米長期金利が過去最低を更新し、東京市場では円相場が一時1ドル=108円台まで上昇。日本株にもリスク回避的な売りが広がり、日経平均は430円安からスタートすると下げ幅を拡大し、引けにかけて20916.40円(前日比1031.83円安)まで下落する場面があった。取引時間中に21000円を下回ったのは昨年9月5日以来となる。

大引けの日経平均は前日比805.27円安の21142.96円となった。終値としても昨年9月5日以来の安値水準で、週間の下落幅は2243.78円に上った。東証1部の売買高は24億2087万株、売買代金は4兆1288億円だった。業種別では、全33業種がマイナスとなり、不動産業、情報・通信業、水産・農林業が下落率上位だった。一方、空運業は比較的小幅な下げにとどまった。東証1部の値下がり銘柄は全体の98%、対して値上がり銘柄は2%となった。

個別では、ソフトバンクG9984が4%超、任天堂7974や東エレク8035が5%超下落したほか、その他売買代金上位もソニー6758、ファーストリテ9983、トヨタ自7203など軒並み軟調。第1四半期決算が減益となったパーク244666や、一部証券会社の投資判断引き下げが観測されたユニチャーム8113なども大きく売られた。また、オルトプラス3672などが東証1部下落率上位に顔を出した。一方、売買代金上位ではOLC4661が逆行高。東京ディズニーランド・シーを明日から臨時休園すると発表したが、売り一巡後に切り返した。2月既存店売上が2ケタ増収となったクスリのアオキ3549などドラッグストア株の上げが目立ち、ゲオHD2681なども巣ごもり消費拡大への思惑から買われた。また、増配や自社株買い実施を発表した長谷工1808などが東証1部上昇率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below