March 23, 2020 / 7:14 AM / in 6 days

日経平均は3日ぶり大幅反発、日銀ETF買い増額が支え


*16:03JST 日経平均は3日ぶり大幅反発、日銀ETF買い増額が支え
日経平均は3日ぶり大幅反発。19日に日銀が上場投資信託(ETF)買い入れ額を2004億円に増やしたことが相場の下支えとして意識され、連休明けの日経平均は17円高からスタートした。反面、米国市場では前週末20日にNYダウが913ドル安と大幅反落しており、経済対策を巡る先行き不透明感から時間外取引でも株価指数先物が大幅安。これを受け本日の日経平均も前場マイナス転換する場面があったが、後場に入るとソフトバンクG9984の急伸もあり一時17049.03円(前営業日比496.20円高)まで上昇した。

大引けの日経平均は前営業日比334.95円高の16887.78円となった。東証1部の売買高は26億9739万株、売買代金は4兆0152億円だった。業種別では、非鉄金属、保険業、倉庫・運輸関連業が上昇率上位だった。一方、空運業、精密機器、小売業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の74%、対して値下がり銘柄は24%となった。

個別では、前述のソフトバンクGが後場ストップ高水準まで急伸し、そのまま本日の取引を終えた。最大4.5兆円の資産売却や2兆円の自社株買い等のプログラムを発表している。その他売買代金上位では任天堂7974やファーストリテ9983が堅調で、NTT9432、キーエンス6861など上昇率が3%を超えた銘柄も多かった。ファナック6954や第一三共4568、アドバンテス6857は8%超の上昇。また、ソフトバンクGのほか三井E&S7003、ゼンリン9474などがストップ高を付けた。一方、北米工場の休止期間を延長したトヨタ自7203が3%超下落し、ソニー6758やNTTドコモ9437も軟調。KDDI9433は小安く引けた。前週上昇した内需・ディフェンシブ関連株に売りが出て、特に小売の一角は7&iHD3382が9%超下落するなどきつい下げとなった。また、栗田工6370などはストップ安水準で取引を終えた。


《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below