for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は4日ぶり反発、米株高や菅氏出馬観測で


*16:01JST 日経平均は4日ぶり反発、米株高や菅氏出馬観測で
日経平均は4日ぶり反発。28日の米国市場でNYダウは3日続伸し、161ドル高となった。7月個人消費支出や8月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値)が市場予想を上回り、長期にわたりゼロ金利政策が維持されるとの観測も引き続き好感された。米株高に加え、菅義偉官房長官が自民党総裁選に出馬検討との報道も安心感につながり、週明けの日経平均は264円高と急反発してスタート。前場には23342.32円(前週末比459.67円高)まで上昇する場面があったが、後場に入ると利益確定の売りも出てやや上げ幅を縮めた。

大引けの日経平均は前週末比257.11円高の23139.76円となった。東証1部の売買高は13億4148万株、売買代金は2兆3508億円だった。業種別では、卸売業、鉱業、空運業が上昇率上位で、その他も全般堅調。情報・通信業と保険業の2業種のみ下落した。東証1部の値上がり銘柄は全体の74%、対して値下がり銘柄は23%となった。

個別では、日経平均への寄与が大きいソフトバンクG
9984とファーストリテ9983が揃って3%超の上昇。ソフトバンクGはソフトバンク9434株の売出しを発表している。三菱商事8058、三井物産8031などの大手商社は米投資会社バークシャー・ハザウェイによる株式保有が伝わり、商いを伴って急伸した。その他売買代金上位では任天堂7974、ソニー6758、三菱UFJ8306が小じっかり。また、アトラ6029がストップ高を付け、東証1部上昇率トップとなった。一方、ソフトバンクに加えNTTドコモ9437などの通信大手の軟調ぶりが目立ち、NTT9432とKDDI9433は東証1部下落率上位に顔を出した。菅氏の総裁選出馬観測を受け、今後の通信政策に対する警戒感が広がったようだ。その他、トヨタ自7203や東エレク8035が小安く、曙ブレーキ738は決算を受けて売りがかさんだ。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up