for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は小幅反発、米大統領選討論会を通過しても上値重く


*15:55JST 日経平均は小幅反発、米大統領選討論会を通過しても上値重く
日経平均は小幅反発。22日の米国市場でNYダウは反発し、152ドル高となった。良好な経済指標や追加経済対策を巡る与野党の早期合意への期待が相場を押し上げた。本日の日経平均はこうした流れを引き継いで84円高からスタート。寄り付き後は日本時間の本日午前に開催された米大統領選候補者のテレビ討論会の内容を見極めたいとのムードが強く、前場にはマイナスへ転じる場面もあった。後場に入ると討論会を終えたことで一時23587.90円(前日比113.63円高)まで上昇したが、上値追いの動きは乏しかった。

大引けの日経平均は前日比42.32円高の23516.59円となった。東証1部の売買高は9億6767万株、売買代金は1兆9159億円だった。業種別では、ゴム製品、空運業、鉱業が上昇率上位だった。一方、その他製品、精密機器、小売業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の50%、対して値下がり銘柄は45%となった。

個別では、日経平均構成銘柄に新規採用されたネクソン
3659が売買代金、上昇率ともに東証1部トップ。その他売買代金上位ではファナック6954が堅調で、トヨタ自7203、ソニー6758、ファーストリテ9983は小幅に上昇した。決算が好感された中外薬4519は3%の上昇。一部証券会社の投資判断引き上げが観測されたブリヂス5108、国産旅客期事業を凍結と報じられた三菱重7011、SBI8473との資本提携が報じられた東和銀8558、業績上方修正を発表した横河ブHD5911などは大幅高となった。一方、米インテルが決算を受けて時間外取引で急落し、東エレク8035やレーザーテック6920といった半導体関連株に売りが出た。任天堂7974などのグロース(成長)株も軟調で、ソフトバンクG9984は小幅に下落。日立建6305は日立6501が保有株を売却すると報じられて後場値を崩し、東証1部下落率トップとなった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up