for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は反発、ワクチン普及の期待高まるも米FOMCを前に様子見ムード強まる


*15:52JST 日経平均は反発、ワクチン普及の期待高まるも米FOMCを前に様子見ムード強まる
日経平均は反発。前日の米国株式市場では、追加経済対策への合意期待が高まったほか、米ファイザーに続いてモデルナが開発するワクチンも食品医薬品局(FDA)により緊急使用が今週中には許可されるとの期待から、大幅反発となった。これを受けて、日経平均もギャップアップで始まり、一時はザラ場ベースでの年初来高値26894.25円(12月7日)に迫る26874.98円を付ける場面がみられた。しかし、日本時間17日未明に判明予定の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を目前に控えていることから、内容を見極めたいとする様子見ムードが次第に強まり、朝方の寄り付き直後を高値にその後は利益確定売りに押される展開となった。

大引けの日経平均は前日比69.56円高の26757.40円となった。東証1部の売買高は11億1010万株、売買代金は2兆1404億円だった。セクター別では、パルプ・紙、非鉄金属、鉄鋼、鉱業、その他製品などが上昇率上位に並んだ。一方、陸運業、ゴム製品、医薬品、小売売業、サービス業などが下落率上位に並んだ。東証1部の値上がり銘柄は45%、対して値下がり銘柄は全体の49%であった。

個別では、21年10月期の黒字転換および復配見通しなどが好感されたパーク24
4666が10%を超える上昇となったほか、20年12月期業績予想および期末配当の上方修正が好感されたツバキナカシマ6464はストップ高となった。また、今後は生産性改善などによる利益貢献を織り込む局面に入るとの想定から格上げ観測のあったアルプスアルパイン6770が大幅高となったほか、組織再編による成長戦略の明確化が評価につながったパナソニック6752も格上げ観測を受けて上昇した。そのほか、売買代金上位では、国内大手証券による目標株価の引き上げがあった任天堂7974、FA関連どころでファナック6954やキーエンス6861、また、日産自動車7201などの上昇が目立った。

一方、通期業績および期末配当予想の上方修正を発表するも出尽くし感が優勢となったバリューコマース
2491が急落。上半期業績が上振れ着地となり通期業績予想が上方修正されながらも、下半期は実質減益予想となったツルハHD3391も大幅に下落した。また、上方修正後の通期業績予想値が市場コンセンサスに届かなかったアスクル2678も売りに押された。そのほか、売買代金上位では、エムスリー2413、村田製作所6981、リクルートHD6098、東京エレクトロン8035、SUMCO3436などが冴えなかった。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up