for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は続伸、投機取引への警戒感後退するなか米追加経済対策への期待が追い風に


*16:00JST 日経平均は続伸、投機取引への警戒感後退するなか米追加経済対策への期待が追い風に
日経平均は続伸。前日の米株市場では投機的な売買による市場混乱が早期に収束に向かうとの見方が広がったほか、追加経済対策が進展するとの期待から主要株価指数は揃って大きく続伸した。この流れを受けて日経平均も一段高でスタート。米バイデン政権が掲げる大規模な追加経済対策については、民主党が財政調整法を活用して単独で成立させる手続きを進めていると伝わり、共和党との協議により規模縮小もやむなしと思われていた中でのポジティブサプライズと受け止められた。また、足元で米長期金利が1.1%と上昇が続くなか景気敏感株を中心に買い進まれた。そのほか、国内での新型コロナ新規感染者数が連日にわたって減少傾向をたどっていることを好感して鉄道、航空、百貨店、人材サービスなど出遅れ感のある銘柄も買われた。日経平均は朝方の買い一巡後に伸び悩む場面もみられたが、これら好材料を背景に後場に入ってからは改めて上げ幅を拡げ、28600円台まで上昇し、ほぼ高値引けとなった。

 大引けの日経平均は前日比284.33円高の28646.50円となった。東証1部の売買高は13億7438万株、売買代金は2兆7863億円だった。セクター別では、空運業、不動産業、輸送用機器、陸運業、海運業などが上昇率上位に並んだ。一方、パルプ・紙のみが下落した。東証1部の値上がり銘柄は73%、対して値下がり銘柄は全体の24%であった。

 個別では、前日引け後に発表された決算を手掛かりにMonotaRO
3064、パナソニック6752、日電硝子5214、三菱自動車7211などが買われ、本日の取引時間中の決算を受けて日本郵船9101、三井物産8031、ダイセル4202などが後場から上げ幅を拡げた。そのほか、1ドル105円手前まで進んだ円安なども追い風にトヨタ7203、ホンダ7267、SUBARU7270などの自動車関連株のほか、コロナ新規感染者数の減少を受けてJAL9201、JR東日本9020といった旅行関連株、また、米長期金利の上昇を受けて三菱UFJ8306、東京海上8766などの金融関連株も買われた。東証1部の値上げ率上位には好決算を発表したEPSホールディングス4282や大幅増益の観測報道があったフューチャー4722などがランクインした。

 一方、前日発表された10-12月期の2ケタ営業減益決算が嫌気された日本ユニシス
8056が急落し、東証1部の値下がり率トップになったほか、取引時間中に増益決算を発表しながらも通期計画の据え置きが失望感を誘った日清食HD2897、投資判断の引き下げが観測された三井ハイテック6966なども下落した。また、東京エレクトロン8035やアドバンテスト6857、レーザーテック6920といった半導体関連のほか、日本電産6594やTDK6762といったハイテク関連株が揃って本日は大きく売りに押された。その他では、エムスリー2413、信越化学4063、HOYA7741、ダイキン工業6367などのグロース株や値がさ株も軟調だった。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up