for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は5日ぶり反発、海外株落ち着き反発期待の買い


*15:54JST 日経平均は5日ぶり反発、海外株落ち着き反発期待の買い
日経平均は5日ぶり反発。24日の米国市場でNYダウは小幅に続落し、3ドル安となった。ドイツが復活祭前後のロックダウン(都市封鎖)強化計画を撤回し、欧州の景気鈍化懸念が和らいだものの、バイデン政権の増税計画が嫌気された。ただ、日経平均は前日までの4日間で1800円あまり下落しており、本日は反発期待の買いが先行して51円高からスタート。その後伸び悩む場面もあったが、NYダウ先物の時間外取引での上昇やアジア株の底堅い推移などを追い風に、後場には一時28821.83円(前日比416.31円高)まで上昇した。

大引けの日経平均は前日比324.36円高の28729.88円となった。東証1部の売買高は12億4341万株、売買代金は2兆7080億円だった。業種別では、全33業種がプラスとなり、海運業、非鉄金属、鉱業、鉄鋼、水産・農林業が上昇率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の88%、対して値下がり銘柄は10%となった。

個別では、ファーストリテ
9983が堅調で、トヨタ自7203は小じっかり。三菱UFJ8306、三井住友8316といったメガバンク株や、キーエンス6861、ファナック6954といったFA(ファクトリーオートメーション)関連株の上げが目立った。エジプトのスエズ運河で大型船が座礁し、NY原油先物相場の急伸とともに国際帝石1605などに買い。北陸電力9505は業績・配当予想の上方修正、三井金5706は銅鉱山事業からの撤退が好感された。また、ハイパー3054は買い気配のままストップ高比例配分となった。一方、ソフトバンクG9984が3%近く下落し、東エレク8035や任天堂7974も軟調。米ハイテク株安を受けて値がさグロース(成長)株に売りが出た。また、日野自7205はトヨタ自といすゞ自7202の資本提携がネガティブに受け止められたようで、アイモバイル6535などとともに東証1部下落率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up