for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は小反発、材料難のなか方向感に欠けるも業績期待高い銘柄はしっかり(訂正)


*17:57JST 日経平均は小反発、材料難のなか方向感に欠けるも業績期待高い銘柄はしっかり(訂正)
下記のとおり修正します。
(誤)一方、輸送用機器と鉄鋼の2業種のみが上昇した。
(正)一方、医薬品、陸運業、証券・商品先物取引業、保険業の4業種が下落した。

日経平均は小反発。前日の米国株式市場では史上最高値付近での利益確定売りが優勢となりNYダウは終日軟調に。ナスダックも長期金利の低下で底堅く推移したが引けにかけて下落に転じた。前日に400円近く下げていた日経平均は、国際通貨基金(IMF)による世界経済見通しの上方修正や原油価格の上昇を背景とした景気回復期待のほか、前日に大きく下げていたハイテク株の持ち直しなどを支えに、小高くスタートすると上げ幅を一時170円までに拡げた。ただ、その後失速すると一時はマイナスに転じる場面も。それでも、再び上昇に転じた後、後場は小幅にプラス圏での推移を維持するなど、終始こう着感の強い動きとなった。

 大引けの日経平均は前日比34.16円高の29730.79円となった。東証1部の売買高は10億8380万株、売買代金は2兆5516億円だった。セクター別では、鉄鋼、海運業、金属製品、非鉄金属、鉱業などが上昇率上位となった。一方、医薬品、陸運業、証券・商品先物取引業、保険業の4業種が下落した。東証1部の値上がり銘柄は83%、対して値下がり銘柄は全体の14%であった。

 個別では、個別では、英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズなどが買収提案を行うことが判明したと報じられた東芝
6502がストップ高比例配分となった。また、前期末配当計画の引き上げを発表した古野電気6814、業績予想の上方修正を発表した日本郵船9101、三谷産業8285、アルインコ5933などが大幅に上昇した。国内証券による投資判断の引き上げがあったNEC6701も大幅高に。そのほか、レーザーテック6920を筆頭に業績期待の高い半導体関連の上昇が目立った。売買代金上位では、ソフトバンクG9984、レーザーテック、トヨタ7203、ソニーグループ6758、SUMCO3436、アドバンテスト6857、日立製作所6501、NEC、富士通6702、TDK6762、日本郵船などが堅調。

 一方、特損計上で最終損益が赤字見通しとなったアルプスアルパイン
6770や、国内証券による投資判断の格下げがあったファンケル4921が売りに押された。売買代金上位では、マネックスG8698、ファーストリテ9983、武田薬品4502、キーエンス6861、エムスリー2413、信越化学4063、ファナック6954などが軟調に推移した。そのほか、好決算発表後の出尽くし感が徐々に優勢となったネクステージ3186が値下がり率上位に顔を出した。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up