for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は反落、決算前の様子見ムードで個別株物色にとどまる


*16:00JST 日経平均は反落、決算前の様子見ムードで個別株物色にとどまる
日経平均は反落。前日の米国株式市場では3月消費者物価指数が市場予想程度の伸びに収まったことでインフレ懸念が後退、長期金利が低下しハイテク株を中心に上昇した。一方、一部ワクチン供給への懸念の台頭を背景に景気敏感株が売られNYダウは小幅に続落した。前日に3万円手前での上値の重さが確認された日経平均は小幅安でスタートすると一時は下げ幅を180円程にまで拡げた。対ドルでの為替の円高や国内外でのコロナ感染第4波への懸念などが重しとなった。ただ、米金融大手や国内企業の決算を前に総じて様子見ムードが強く、材料難のなかその後は上下100円内での狭いレンジ推移が続いた。

 大引けの日経平均は前日比130.62円安の29620.99円となった。東証1部の売買高は10億3628万株、売買代金は2兆2534億円だった。セクター別では、海運業、繊維製品、非鉄金属、電気・ガス業、石油・石炭製品などが下落率上位となった。一方、鉄鋼、精密機器、ゴム製品、陸運業、電気機器の5業種のみが上昇となった。東証1部の値上がり銘柄は34%、対して値下がり銘柄は全体の63%であった。

 個別では、業績関連のリリースがネガティブ視されたところで、Jフロント
3086、リテールパートナーズ8167、クリレスHD3387、東名4439などが大幅に下落。22年2月期営業損益予想を27億円の黒字見通しとしながらも前期無配を決めた吉野家HD9861は朝高後まもなく売りに押され下落に転じた。売買代金上位では、ソフトバンクグループ9984、ファーストリテ9983、トヨタ7203、日本電産6594、三菱UFJ8306、武田薬品4502、三井住友8316、日立製作所6501などが軟調に推移した。

 一方、反対に業績関連のリリースがポジティブ視されたセラク
6199、E・Jホールディングス2153、フィルカンパニー3267、黒谷3168などが大きく上昇。また、投資判断の格上げを材料に日本製鉄5401が大幅高となり、外資証券による新規の買い推奨を受けた日本電子6951はストップ高に。そのほか、「米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)がCVCの提案を上回る金額で買収提案を計画している」と報じられた東芝6502が改めて大幅高となった。売買代金上位では、任天堂7974、マネックスG8698、レーザーテック6920、キーエンス6861、エムスリー2413、富士フイルム4901、楽天グループ4755などが堅調だった。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up