for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は反落、75日線前に失速、エーザイがストップ高配分


*15:55JST 日経平均は反落、75日線前に失速、エーザイがストップ高配分
日経平均は反落。7日の米国市場でNYダウは反落し、126ドル安となった。景気敏感株を中心に利益確定の売りに押されたが、アルツハイマー認知症治療薬が米当局の承認を取得したバイオジェンが急騰。東京市場でも同薬を共同開発するエーザイ
4523に買いが殺到し、日経平均は26円高からスタートすると、前場中ごろには29140.68円(前日比121.44円高)まで上昇する場面があった。ただ、29200円手前に位置する75日移動平均線に迫ると伸び悩み、アジア株もさえないとあってマイナスに転じた。

大引けの日経平均は前日比55.68円安の28963.56円となった。東証1部の売買高は9億2866万株、売買代金は2兆1864億円だった。業種別では、パルプ・紙、非鉄金属、機械が下落率上位だった。一方、海運業、医薬品、電気・ガス業が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の32%、対して値上がり銘柄は64%となった。

個別では、レーザーテック
6920が9%下落し、売買代金と下落率で東証1部トップ。証券各社の投資判断引き下げが相次いだこともあり、利益確定売りが広がった。新中期経営計画を発表したダイキン6367は物足りない内容と受け止められて3%下落した。その他、ソフトバンクG9984、トヨタ自7203、ファーストリテ9983などが軟調。今期大幅減益見通しを発表したDNC4246などは売りがかさんだ。一方、前述のエーザイが買い気配のままストップ高比例配分。エーザイと血液検査キットを共同開発しているというシスメックス6869も10%近く上昇した。その他、売買代金上位ではソニーG6758、三菱UFJ8306、リクルートHD6098などが堅調。投資判断・目標株価引き上げが観測された大真空6962や日電波6779、5月既存店売上が好感されたオンワードHD8016などは急伸した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up