for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は反落、先物主導売りで下げ幅は一時500円に迫る


*16:44JST 日経平均は反落、先物主導売りで下げ幅は一時500円に迫る


日経平均は反落。連休明け6日の米株式市場でのNYダウは208.98ドル安と反落。6月ISM非製造業景況指数が予想を下回ったことで景気回復ペースの鈍化懸念が浮上。原油高によるコスト増も嫌気され、ダウの下げ幅は一時400ドルを超えたが、引けにかけては戻した。一方、米長期金利が2月下旬以来となる水準にまで低下したことを支えにナスダック総合指数は小幅ながら最高値を更新した。先物主導で売りが先行するなか、本日の日経平均は380.81円安の28262.40円とギャップダウンで始まると、そのまま28161.75円(前日比481.46円安)まで下押しした。ただ、値ごろ感から次第に買い戻され、下げ幅を半分程にまで縮小する場面も。しかし、前引けにかけて改めて弱含むと、後場には再び下げ幅を拡げる場面もみられた。週末にかけての上場投資信託(ETF)の分配金捻出に伴う売りや、根強い新型コロナ感染再拡大への懸念が引き続き重しとなったもよう。

 大引けの日経平均は前日比276.26円安の28366.95円となった。東証1部の売買高は10億6653万株、売買代金は2兆2938億円だった。セクター別では鉱業、石油・石炭製品、保険業などが下落率上位に並び、上昇したのは精密機器の1業種のみとなった。東証1部の値下がり銘柄は全体の77%、対して値上がり銘柄は全体の18%であった。

 個別では、業績関連のリリースを手掛かりに前澤工業
6489、ヤマシタヘルスケアホールディングス9265、ハニーズHD2792、わらべ日洋2918などがそれぞれ急伸、フェリシモ3396はストップ高で値上がり率ランキングトップとなった。また、6月の小口貨物取り扱い実績が好感されたヤマトHD9064も大幅に上昇。政府による太陽光発電導入目標の引き上げに関する報道を受けてレノバ9519は連日の急伸となった。そのほか、レーザーテック6920を筆頭にHOYA7741、ルネサス6723など半導体関連の一角が堅調。キーエンス6861、SMC6273などのFA関連株、村田製6981、日本電産6594などもしっかりとした動きとなった。

 一方、決算がネガティブ視されたところで、キユーピー
2809、USMH3222が大幅に下落し、イオンモール8905も売られた。第1四半期の個別売上高が会社計画をやや下回ったディスコ6146も半導体関連の中では相対的に大きく売られた。そのほか、信越化学4063、コマツ6301、三井物産8031、INPEX1605など景気敏感株が大きく下げた。また、米長期金利の低下を背景に、三菱UFJ8306や第一生命HD8750などの金融関連も大幅に下落。先物主導で売りが先行するなか、ファーストリテ9983やソフトバンクG9984などの指数インパクトの大きい銘柄も朝方は大きく下げたが、その後はやや下げ渋った。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up