for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は4日続伸、米ハイテク株高受けても買いの勢いつかず


*15:48JST 日経平均は4日続伸、米ハイテク株高受けても買いの勢いつかず
日経平均は4日続伸。17日の米株式市場でNYダウは大幅に3日続伸。中国上海の都市封鎖(ロックダウン)解除への期待に加え、4月小売売上高など良好な経済指標を背景に景気後退懸念が緩和。連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の講演も概ね想定内の内容にとどまり、あく抜け感に繋がった。ナスダック総合指数やフィラデルフィア半導体株指数(SOX)は大幅に反発。こうした流れを引き継いで日経平均は167.07円高からスタートすると、朝方は買いが先行し、一時27053.18円(393.43円高)まで上昇。ただ、節目を回復した目先の達成感や戻り待ちの売りで失速すると、時間外取引のナスダック100先物やアジア市況が弱含むなか、一時81.59円高まで上げ幅を縮小。午後はアジア市況が下げ幅を縮めるのに並走して緩やかに値を切り上げる展開となった。

 大引けの日経平均は前日比251.45円高の26911.20円となった。東証プライムの売買高は12億6716万株、売買代金は2兆9698億円だった。セクターではその他製品、電気機器、精密機器など上昇率上位に並んだ一方、パルプ・紙、鉱業、小売、ゴム製品の4業種が下落となった。東証プライムの値上がり銘柄は全体の62%、対して値下がり銘柄は35%となった。

 個別では、SOXの急伸を受けてレーザーテック
6920や東エレク8035が買われ、ルネサス6723はパワー半導体の増産報道も追い風に大幅に上昇。中国経済の底入れ期待や米経済指標を受けた景気後退懸念の緩和で信越化学4063、川崎汽船9107、三井住友8316などの景気敏感株の一角も堅調。ソニーG6758や任天堂7974、富士通6702、SMC6273など値がさ株も強い動き。今期の増益・増配計画が引き続き材料視された三井松島HD1518は3日連続で急伸。「ビフィズス菌BB536」が中国の「新食品原料」に登録された森永乳業2264や、目標株価が引き上げられたTREHD9247なども大幅高。事業再生ADR申請に伴う過度な懸念の後退を映して日医工4541は連日のストップ高。世界的な食料品価格の高騰から思惑が続く日本農薬4997は年初来高値を更新。

 一方、原油先物相場の上昇一服でINPEX
1605やENEOS5020など石油関連が軟調。ファーストリテ9983やダイキン6367など中国関連とされる値がさ株の一角のほか、第一三共4568、塩野義製薬4507などのディフェンシブ銘柄がやや売り優勢。証券会社の目標株価引き下げを受けてサイバーAG4751は大幅に下落。ナスダック高でグロース株の多くが買われるなか、SHIFT3697は大幅に下落。不適切な会計処理が発覚した三協フロンテア9639はストップ安まで売られた。


《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up