for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は5日続伸、円安進行追い風に約5カ月ぶりの高値


*15:41JST 日経平均は5日続伸、円安進行追い風に約5カ月ぶりの高値
日経平均5日続伸。8日の米株式市場でNYダウは269ドル安と3日ぶり反落。経済協力開発機構(OECD)が世界経済の見通しを大幅に引き下げたことで景気後退懸念が強まった。原油価格や長期金利の上昇でインフレ高進への警戒感も強まり、引けにかけて下げ幅を拡大。ナスダック総合指数は-0.73%と3日ぶり反落。米株安を受けて日経平均は44.94円安からスタート。1ドル=134円台に乗せた円安進行を追い風に上昇に転じるとその後は徐々に上げ幅を拡大。後場中ごろには一時28389.75円(155.41円高)まで上昇し、1月18日以来となる高値を記録。ただ、円安進行の一服やアジア市況の下落が影響し、大引けにかけては急速に上げ幅を縮めた。

 大引けの日経平均は前日比12.24円高の28246.53円となった。東証プライム市場の売買高は12億8727万株、売買代金は3兆2139億円だった。セクターでは鉱業、石油・石炭、その他製品などが上昇率上位となった一方、海運、証券・商品先物取引、電気・ガスが下落率上位となった。東証プライム市場の値上がり銘柄は全体の43%、対して値下がり銘柄は52%となった。

 個別では、米国市場での中国株の急伸を受けてソフトバンクG
9984が大幅に上昇。ファーストリテ9983、キーエンス6861、レーザーテック6920など値がさグロ−ス(成長)株の一角が上昇。原油価格の高騰を通じてINPEX1605、石油資源開発1662は大きく上伸し、三井物産8031も大幅高。大阪チタニウム5726と東邦チタニウム5727は大幅に反発した。円安進行を背景にSUBARU7270、日産自7201が買われた。ほか、ダブル・スコープ6619、メルカリ4385などが大きく上昇。東証プライム市場値上がり率上位には連日でストップ安となっていたIRJHD6035や今期見通しが評価されたBガレージ3180のほか、越境EC支援実績が3000件を突破したBEENOS3328、SREHD2980、ソースネクスト4344などがランクイン。

 一方、バルチック海運指数の下落や世界の海運関連株の急落を受けて郵船
9101、商船三井9104、川崎汽船9107が軒並み急落。米半導体大手インテルの最高財務責任者(CFO)がマクロ環境の見通しについてネガティブな見解を示したことで、前日のフィラデルフィア半導体株指数(SOX)は大幅に下落、これが嫌気されて東エレク8035、ルネサス6723、アドバンテスト6857など半導体関連株が全般大きく下げた。インテルと関連の深い新光電工6967、イビデン4062も大きく売られた。シャープ6753、くら寿司2695、アイモバイル6535、丹青社9743などは決算が売りに繋がった。ほか、日立製6501、信越化学4063、村田製6981などが下落した。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up