for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は続伸、米株高が支援も28000円届かず、トヨタ決算は厳しい内容


*15:13JST 日経平均は続伸、米株高が支援も28000円届かず、トヨタ決算は厳しい内容
日経平均は続伸。3日の米株式市場でダウ平均は416ドル高と3日ぶり大幅反発。セントルイス連銀のブラード総裁による強気な経済見通しを受けて買いが先行。また、7月ISM非製造業景気指数が予想外に改善し4月以来の高水準となったことも後押し。金利動向が安定し、ハイテク株の買いが続いたことも相場をけん引した。ナスダック総合指数は+2.58%と3日ぶり大幅反発。米株高を受けて日経平均は189.04円高からスタート。ただ、朝方に一時28000円を超えた後は失速し、その後は昼頃までじり下げ基調となった。後場は、日経平均は狭いレンジでのもみ合いが続いた。取引時間中に発表されたトヨタ自
7203の決算では、為替の円安効果を含めても通期営業利益が据え置かれたことで同社株価は大幅に下落。ただ、金利低下を背景としたハイテク株高が下支えし、日経平均への影響は限定的だった。

 大引けの日経平均は前日比190.30円高の27932.20円となった。東証プライム市場の売買高は12億9540万株、売買代金は2兆8994億円だった。セクターでは海運、非鉄金属、医薬品が上昇率上位となった一方、鉱業、石油・石炭、保険が下落率上位となった。東証プライム市場の値上がり銘柄は全体の55%、対して値下がり銘柄は40%となった。

 個別では、アドバンテスト
6857、東エレク8035、ディスコ6146の半導体関連が大幅高。ソフトバンクG9984、日本電産6594、エムスリー2413、リクルートHD6098のハイテク・グロース(成長)株も総じて高い。川崎汽船9107が大幅に反発し、郵船9101、商船三井9104も上昇。ほか、サイバーAG4751、マネーフォワード3994、SREHD2980などのグロース株が全般強い動き。日東紡績3110、静岡ガス9543、BIPROGY8056は決算を手掛かりに急伸。マネックスG8698、カシオ6952、住友電工5802も決算が好感され大幅高。タツモ6266は業績予想を上方修正して大きく上昇。前日に決算を受けて急落したSUBARU7270は見直しの動きで急反発。TDK6762、イビデン4062は決算を評価する動きが継続。午後に非開示だった見通しを公表した合同製鐵5410は急騰した。

 一方、原油先物価格の下落を受けてINPEX
1605、コスモエネHD5021が大きく下落。コマツ6301、三井物産8031の資源関連や東京電力HD9501、イーレックス9517の電気・ガスセクターが安い。米金利低下により三菱UFJ8306、第一生命HD8750など金融も総じて軟調。決算を発表したZHD4689が急落したほか、太陽誘電6976、クボタ6326、オリックス8591、JFEHD5411、JCU4975なども決算を材料に大きく下落。日中に決算発表した日本コークス3315、JUKI6440、セガサミーHD6460も後場に入って大幅安となった。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up