for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は3日続伸、米雇用統計前に節目の28000円突破、ハイテク株高がけん引


*16:03JST 日経平均は3日続伸、米雇用統計前に節目の28000円突破、ハイテク株高がけん引


日経平均は3日続伸。4日の米株式市場でダウ平均は85ドル安と反落。台湾を包囲した中国軍の軍事演習に関する報道を受け、地政学リスクへの警戒感が重石になった。一方、金利の低下でナスダック総合指数は底堅く推移し、+0.41%と続伸。日経平均は17.14円安からスタートも、寄り付き直後から切り返してプラスに転じると、午前中ごろには28000円を回復。値がさ株やハイテク株が指数をけん引する中、その後も一本調子で上げ幅を広げ、後場に入ってからは28190.04円(257.84円高)まで上昇した。節目の28000円を明確に超えたことで売り方の買い戻しが加速したほか、商品投資顧問(CTA)による追随買いが入ったようだ。ただ、その後は今晩の米7月雇用統計を前に様子見ムードが広がり、高値圏でこう着感の強い展開となった。

大引けの日経平均は前日比243.67高の28175.87円となった。東証プライム市場の売買高は12億1246万株、売買代金は2兆8716億円だった。セクターでは鉄鋼、その他製品、食料品が上昇率上位となった一方、石油・石炭、鉱業、銀行が下落率上位となった。東証プライム市場の値上がり銘柄は全体の74%、対して値下がり銘柄は23%となった。

個別では、東エレク
8035、アドバンテスト6857の半導体関連が大幅続伸。任天堂7974が大幅高で、ファーストリテ9983、ソニーG6758、キーエンス6861など主力の値がさ株が総じて堅調。リクルートHD6098やベイカレント6532のグロース(成長)株の一角も高い。好決算を手掛かりにSUMCO3436、HOYA7741が大幅に上昇し、大阪チタニウム5726は急騰、東邦チタニウム5727は連れ高に。主力処では日本製鉄5401、キッコーマン2801、スクエニHD9684も良好な決算を受けて急伸。そのほか、UACJ5741、アイロムG2372、中山製鋼所5408、有沢製作所5208、加賀電子8154などが決算を材料に急伸し、東証プライム市場の値上がり率上位に並んだ。前場に決算を発表した丸紅8002も大幅高に転換した。

一方、原油先物価格や米長期金利の低下を背景にINPEX
1605、コスモエネHD5021、三菱UFJ8306が軟調。円高・ドル安進行を受けてホンダ7267、三菱自7211などが下落。東証プライム市場の売買代金上位ではダブル・スコープ6619、メルカリ4385が大きく下落。ほか、IHI7013、三菱重工7011、テルモ4543、オリンパス7733などが軟調。BEENOS3328とシスメックス6869は決算が嫌気されて急落。シュッピン3179、GMOペパボ3633、保土谷化学4112、コナミグループ9766なども決算を受けて大幅に下落した。前引け後に決算を発表したIIJ3774は後場から大きく売られた。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up