for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は3日続落、欧米株への警戒感から押し目買いは見送りムード


*15:35JST 日経平均は3日続落、欧米株への警戒感から押し目買いは見送りムード
日経平均は3日続落。国内が連休中だった22、23日の米株式市場でダウ平均は計593.37ドル下落し23日で4日続落。英国政府が大規模減税策を発表したこともあり、インフレがさらに進むとの懸念から米長期金利が一段と上昇し、また、景気後退懸念も強まり株価の重しとなった。ナスダック総合指数は22日、23日の2日間計で-3.16%だった。米株安を受けた今日の東京株式市場は売りが先行し、日経平均は374.39円安からスタート。取引開始後は、朝方底堅かったダウ平均先物が軟調な動きとなったこともあり、積極的な押し目買いは手控えられ、日経平均は下げ幅を拡大した。午後は今晩以降の欧米株への警戒感もあり買いが一段と見送られる中、日経平均は26500円を下回って本日を終えた。

大引けの日経平均は前日比722.28円安の26431.55円となった。東証プライムの売買高は15億2663万株、売買代金は3兆3420億円だった。セクターでは全業種が下落。鉱業、石油石炭製品、非鉄金属などが下落率上位となった。東証プライムの値下がり銘柄は全体の91%、対して値上がり銘柄は6%となった。個別では、ソフトバンクG
9984、三菱重7011、ソニーG6758、商船三井9104、信越化4063、デンソー6902、村田製6981、ダブル・スコープ6619、などが安く、また、INPEX1605や出光興産5019、三井物8031など資源・エネルギー関連株や住友鉱5713やDOWA5714など非鉄株、日産自7201やブリヂストン5108など自動車関連株、東エレク8035やルネサス6723など半導体関連株、三菱UFJ8306や東京海上8766など金融関連株などが軒並み下げた。一時堅調に推移したANA9202、H.I.S.9603など旅行・観光関連株も総じて買いが続かなかった。個別の材料では、10月の生産計画下振れを発表したトヨタ7203、今期赤字予想を発表した北海電9509、業績予想を下方修正した電子材料6855が売られた。

一方、NTT
9432、KDDI9433、中外薬4519、コナミG9766、高島屋8233、鎌倉新書6184、アイスタイル3660などが上昇した。個別の材料では、参画プロジェクト運営企業発行のトークンが暗号資産取引所に上場すると発表したクルーズ2138がストップ高となり、また、業績予想を上方修正した日電波6779、スズデン7480、IDEC6652、国内証券が目標株価を引き上げたLINK&M2170などが買われた。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up