for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は4日ぶり反発、不透明感強く自律反発も力不足


*15:18JST 日経平均は4日ぶり反発、不透明感強く自律反発も力不足
日経平均は4日ぶり反発。26日の米株式市場でダウ平均は329ドル安と5日続落。新政権による財政出動でインフレ悪化が懸念されている英国を筆頭に米国の長期金利も一段と上昇しドル指数が2002年来の高値を更新すると、ドル高による企業収益の圧迫懸念が強まり売りが広がった。ナスダック総合指数も-0.59%と5日続落。一方、前日の急落の反動で日経平均は153.83円高と反発スタート。時間外取引の米株価指数先物が大きく上昇していたことが目先の反発期待を高め、堅調推移が続き、一時26680.20円(248.65円高)まで上昇。しかし、外部環境の不透明感が拭えないなか自律反発狙いの買いの域を出なかった。午後は香港ハンセン指数の下落も重石となるなか、やや騰勢を弱める動きとなった。

 大引けの日経平均は前日比140.32円高の26571.87円となった。東証プライム市場の売買高は11億4557万株、売買代金は2兆6737億円だった。セクターではその他製品、食料品、サービスが上昇率上位となった一方、海運、鉱業、不動産が下落率上位となった。東証プライム市場の値上がり銘柄は全体の59%、対して値下がり銘柄は35%だった。

 個別では、任天堂
7974、日本電産6594、ファナック6954のほか、トヨタ自7203、日産自7201などの自動車関連、ANAHD9202、JR東日本9020、資生堂4911、花王4452、マツキヨココカラ3088、エアトリ6191などのリオープン・インバウンド関連が大幅に反発。三井物産8031、石油資源開発1662、住友鉱山5713などの市況関連の一角も買われた。材料どころでは、業績予想を上方修正したタムラ製作所6768、ハピネット7552が急伸。業績上方修正に加えて増配も発表した日本特殊陶業5334のほか、船用原動機事業を分社化した日立造船7004、6-8月期が増益転換となったあさひ3333なども上昇。

 一方、レーザーテック
6920、東エレク8035、ルネサス6723の半導体関連やソフトバンクG9984、ソニーG6758の主力ハイテク株のほか、郵船9101、商船三井9104、川崎汽船9107の海運大手が続落。住友不動産8830、東京建物8804、三井不動産8801など不動産大手は総じて軟調。メルカリ4385、エムスリー2413、ベイカレント6532、マネフォ3994などグロース株でも冴えないものが多かった。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up