for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は大幅反落、米アップル増産撤回で業績悪化懸念、一時26000円割れ


*15:43JST 日経平均は大幅反落、米アップル増産撤回で業績悪化懸念、一時26000円割れ
日経平均は大幅反落。27日の米株式市場でダウ平均は125ドル安と6日続落。経済指標の予想を上回る強い結果が好感されたほか、シカゴ連銀のエバンス総裁の発言を受けて金利が低下したことで安心感から買戻しが先行。ただ長期金利が大幅上昇に転じると警戒感から下落に転じた。ナスダック総合指数は+0.24%と6日ぶり反発。米国株安を受けて日経平均は149.01円安からスタート。時間外取引のダウ平均先物が急速に下げ足を速めたほか、香港ハンセン指数の大幅安もあり、前引け直前には26000円を割り込んだ。米アップルの「iPhone(アイフォーン)14」増産計画撤回の報道が嫌気されたようだ。午後も軟調推移が続いたが、引けにかけては配当権利取りや配当再投資を意識した動きから下げ幅を縮めた。

 大引けの日経平均は前日比397.89円安の26173.98円となった。東証プライム市場の売買高は15億5474万株、売買代金は3兆7248億円だった。セクターでは海運、不動産、鉄鋼を筆頭に売り優勢の展開。一方、パルプ・紙、医薬品、精密機器の3業種が上昇した。東証プライム市場の値下がり銘柄は全体の55%、対して値上がり銘柄は41%だった。

 個別では、レーザーテック
6920、ファーストリテ9983、ファナック6954などの主力株、値がさ株のほか、TDK6762、村田製6981、イビデン4062のアップル関連が大幅安。郵船9101、商船三井9104、川崎汽船9107の大手海運、三菱UFJ8306、第一生命HD8750、日本製鉄5401、IHI7013、住友鉱5713など市況関連株が大きく下落。SUBARU7270、日産自7201、三菱自7211などの自動車関連、西武HD9024、JR東日本9020、マツキヨココ3088、エアトリ6191のインバウンド関連も軒並み安。スギHD7649は調剤事業の下振れ、Jフロント3086はサプライズに乏しい上方修正、ヒマラヤ7514は物足りない今期見通しを背景に大幅安。Jフロントに連れて三越伊勢丹3099、高島屋8233も下落。アルプスアルパイン6770は米アップル報道のほかレーティング格下げも嫌気された。

 一方、HOYA
7741、富士フイルム4901、三井物産8031、富士通6702、ディスコ6146、エムスリー2413、中外製薬4519が逆行高。上半期黒字見通しや中間配当の実施が好感されたトピー工業7231、業績予想の上方修正を発表したオンワードHD8016などが大幅に上昇。アルツハイマー病治療薬「レカネマブ」の臨床試験で良好な進展が確認されたエーザイ4523はストップ高比例配分となり、同社と非独占的包括契約を締結しているシスメックス6869は急伸した。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up