for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は大幅続伸、米ハイテク株高や円安を追い風に27000円回復


*16:09JST 日経平均は大幅続伸、米ハイテク株高や円安を追い風に27000円回復
日経平均は大幅続伸。23日の米株式市場でダウ平均は254.07ドル高と続伸。中国経済再開に伴う世界景気の持ち直しに加え、インフレや米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げペースのピークアウトに対する期待が根強い中、終日堅調に推移。米長期金利の安定を背景にハイテクの買い戻しが活発化し、ナスダック総合指数は+2.01%と続伸。米株高を引き継いで日経平均は244.39円高の27150.43円と節目を回復してスタート。1ドル=130円台に戻した円安も追い風に景気敏感株やハイテクを中心に買いが先行し、その後も緩やかながら上値を伸ばした。一方、企業決算の本格化を前に様子見ムードも台頭し、午後は膠着感の強い展開となった。

 大引けの日経平均は前日比393.15円高の27299.19円となった。東証プライム市場の売買高は11億1923万株、売買代金は2兆8345億円だった。セクターでは機械、精密機器、金属製品を筆頭にほぼ全面高となった。一方、鉄鋼、海運の2業種が下落した。東証プライム市場の値上がり銘柄は全体の80%、対して値下がり銘柄は17%だった。

 個別では、レーティング格上げなどの動きを背景に米フィラデルフィア半導体株指数(SOX)が5%超上昇したことを追い風に東エレク
8035、アドバンテスト6857、スクリン7735の関連株が軒並み大聞く上昇。ソフトバンクG9984、日本電産6594、SMC6273、ダイフク6383、イビデン4062、村田製6981などハイテクも総じて高い。また、中国経済の再開を好感した動きが続き、INPEX1605、石油資源開発1662の鉱業、三井物産8031、三菱商事8058の商社、コマツ6301、ナブテスコ6268、日ペHD4612なども大きく上昇。X線ミラーの大型受注を発表したジェイテックコーポレーション3446、国内証券のカバレッジ開始が好感されたネットプロHD7383などが大幅高。ホンダ7267とEV向けリチウムイオン電池の協業を発表したGSユアサ6674も買われた。

 一方、中国経済の再開期待を背景に午前に大幅高だった日本製鉄
5401、JFEHD5411の鉄鋼は午後に失速してマイナス転換。郵船9101、商船三井9104、川崎汽船9107の海運大手も揃って軟調。月次動向が嫌気された西松屋チェ7545、しまむら8227、業績予想を下方修正した亀田製菓2220なども下落。東証プライム市場の値下がり率上位にはレノバ9519、ラクスル4384、スノーピーク7816などグロース株の一角が入った。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up