Reuters logo
ボリバン+1σでの底堅さが意識されやすい
2015年6月4日 / 23:25 / 2年後

ボリバン+1σでの底堅さが意識されやすい


*08:15JST ボリバン+1σでの底堅さが意識されやすい
[本日の想定レンジ]
 4日のNY市場は下落。世界的な長期金利の上昇に加え、ギリシャ債務問題への根強い懸念から欧州株が全面安となった流れを受けて安く始まった。国際通貨基金(IMF)が、公表した年次審査報告の中で連邦準備制度理事会(FRB)に対して利上げ開始時期を16年へ先送りすることが妥当、と指摘したことで一時的に上昇する場面もあったが、相場を押し上げるには至らず、午後にかけて下げ幅を拡大した。ダウ平均は170.69ドル安の17905.58、ナスダックは40.11ポイント安の5059.13。シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円安の20445円。

 米株安の流れを受けて、シカゴ先物にさや寄せする格好から、売りが先行することになろう。日経平均は5日線の攻防をみせているが、結果的には上値抵抗として意識されやすくなった。とはいえ、引き続きボリンジャーバンドでは+1σと+2σとのレンジ内での推移が続いており、+1σでの底堅さが意識されやすい。ザラバでは+1σを割り込んでくるだろうが、日銀のETF買入れなどの思惑から下げない展開が意識されよう。20350-20500円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

上限 20500円−下限 20350円


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below