Reuters logo
レンジ下限レベルでの踏ん張りを見極め
2017年4月2日 / 22:29 / 8ヶ月後

レンジ下限レベルでの踏ん張りを見極め


*07:21JST レンジ下限レベルでの踏ん張りを見極め
[本日の想定レンジ]
 31日のNY市場は下落。相場動意材料に乏しく、四半期末でポジション調整の動きや利益確定の売りが上値を抑える展開となった。2月個人所得やインフレ指標の一つであるPCEコア指数が予想に一致したものの、2月個人支出が予想を下回り、相場への影響は限定的だった。ダウ平均は65.27ドル安の20663.22、ナスダックは2.61ポイント安の5911.74。シカゴ日経225先物清算値は大阪比50円高の18960円。
 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から先週末の下げに対する自律反発が意識されようが、もち合いレンジ下限レベルでの攻防といったところか。一目均衡表では雲上限での攻防の中で転換線、基準線に上値を抑えられていたが、結局は支持線として期待されていた雲下限を割り込んでしまっている。遅行スパンは実線を下放れる格好で下方シグナルが継続。週足では13週線を回復することができず、目先は26週線を試す可能性がある。また、週足の一目均衡表では転換線が上値抵抗となっている。シグナルは悪化傾向にあるが、引き続きレンジ下限の範囲内として踏ん張りを見極めたいところである。18900-19100円のレンジを想定。

[予想レンジ]

上限 19100円−下限 18900円


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below