Reuters logo
過熱警戒も次第に15年6月高値意識へ
2017年9月20日 / 23:36 / 1ヶ月前

過熱警戒も次第に15年6月高値意識へ


*08:33JST 過熱警戒も次第に15年6月高値意識へ
[本日の想定レンジ]
 20日のNY市場はまちまち。NYダウが9営業日続伸となり、連日で最高値を更新した。注目されたFOMCでは、政策金利を据え置くとともに、バランスシートの縮小を10月から開始することを決めた。また、ハリケーンによる経済への影響は一時的との見方もあり、年内に追加利上げに踏み切ることを示唆した。ダウ平均は41.79ドル高の22412.59、ナスダックは5.28ポイント安の6456.04。シカゴ日経225先物清算値は大阪比145円高の20285円。
 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から買いが先行しよう。その後は急ピッチの上昇に対するか過熱感が警戒されやすく、こう着感が強まりそうである。もっとも、昨日は前日の終値を挟んでのこう着となったが、ボリンジャーバンドでは+3σ水準まで上昇していたこともあり、過熱警戒感が高まる中での上昇は相当強いとの印象がある。
 ソフトバンクGのインパクトが大きいとはいえ、結果的には連日で年初来高値を更新している。価格帯別出来高では商いが積み上がっている20000-20200円のレンジを終日上回って推移している。上値抵抗だった20000-20200円のレンジを支持線として固めるなか、次第に15年6月高値(20868円)突破を意識したトレンド形成が期待されてくる。この水準は2000年4月高値とのダブルトップ水準であり、20000円処を固めつつ、この抵抗を捉えられるかが今後注目されよう。20250-20450円のレンジを想定。

[予想レンジ]

上限 20450円−下限 20250円


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below