Reuters logo
ボリバンの-1σ辺りでの強弱感対立か
December 6, 2017 / 11:25 PM / in 10 days

ボリバンの-1σ辺りでの強弱感対立か


*08:22JST ボリバンの-1σ辺りでの強弱感対立か
[本日の想定レンジ]
 6日のNY市場はまちまち。原油相場の下落や税制改革への不透明感に加えて、中東の地政学リスクへの警戒感からもみ合いとなった。NYダウは下落となり、ハイテクの一角に買戻しがみられたナスダックが上昇した。ダウ平均は39.73ドル安の24140.91、ナスダックは14.16ポイント高の6776.38。シカゴ日経225先物清算値は大阪比40円高の22240円。
 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、やや自律反発の流れが先行しよう。ただし、前日の大幅な下げに対する自律反発の域は脱せないと考えられ、こう着感の強い相場展開になりそうだ。昨日は25日線での攻防をみせていたが、これを明確に下回ると、下げ幅を拡大させている。これにより約3週間ぶりに終値で22200円を割り込んでいる。ボリンジャーバンドでは、バンドが収れんしているところであり、-1σを下回り、-2σに接近。-1σを下回るのは約3ヶ月ぶりとなる。この下げにより、パラボリックはSAR値にタッチする格好となり、陰転シグナルを発生させている。また、一目均衡表では転換線、基準線を下回っている。遅行スパンは実線を上回る格好での上方シグナルを継続させているが、実線に接近しているほか、今後は11月高値水準に接近するため、これを割り込む格好での、下方シグナルを発生させてくる可能性がある。ボリバンの-1σが22270円近辺に位置しており、この辺りでの強弱感対立か。22100-22300円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

上限 22300円−下限 22100円


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below