January 10, 2018 / 11:49 PM / 8 months ago

次の上昇のための過熱を冷ます展開


*08:42JST 次の上昇のための過熱を冷ます展開
[本日の想定レンジ]
 10日のNY市場は下落。中国政府が米国債の購入の減額や停止を検討しているとの報道を受け、長期金利上昇への警戒感から売りが先行。決算期待から下げ幅を縮めているが、利食いが出やすい地合いだった。ダウ平均は16.67ドル安の25369.13、ナスダックは10.01ポイント安の7153.57。シカゴ日経225先物清算値は大阪比185円安の23615円。
 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、利食い先行となろう。ただし、結果的には過熱感を冷ます格好となるため、売り一巡後はこう着感の強い相場展開になりそうだ。昨日は4営業日ぶりに反落。年初からの急ピッチの上昇に対する調整が入った格好である。ボリンジャーバンドでは+3σから+2σの水準まで下げており、やや過熱感は和らいでいる。とはいえ、まだ+2σを上回っており、もう一段の調整はありそうだ。一方で、週足ではバンドが拡大する中で+2σと+1σとのレンジ内で推移しており、過熱感は出てない。+2σは24300円処まで切り上がっており、短期的な過熱を冷ましつつ、一段とトレンドが強まりやすいところである。23500-23800円のレンジを想定。

[予想レンジ]

上限 23800円−下限 23500円


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below