January 23, 2018 / 11:26 PM / 9 months ago

想定内の一服、目先は24000円固めに


*08:19JST 想定内の一服、目先は24000円固めに
[本日の想定レンジ]
 23日のNY市場はまちまち。連邦政府機関の閉鎖が回避されたことが好感されるものの、ダボス会議の動向や主要企業決算を見極めたいとの思惑も広がり、上値の重い展開となった。ダウ平均は3.79ドル安の26210.81、ナスダックは52.26ポイント高の7460.29。シカゴ日経225先物清算値は大阪比110円安の24010円。
 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、利食い優勢の展開から始まろう。昨日の300円を超える上昇に対する反動もあり、節目の24000円突破でいったんは達成感も意識されるため、想定内の一服といったところであろう。昨日の上昇で18日の比較的長い陰線を吸収した。ボリンジャーバンドでは+1σからの上昇で+2σに接近する流れに。バンドは緩やかに切り上がっているため、+2σは24320円辺りまで上昇してきている。
 出来高の5日、25日平均線とのデッドクロスが近づいていたが、再び乖離が広がる格好となった。同じく、陰転シグナル発生が近づいていたMACDについても、シグナルとの乖離が拡大しており、陰転シグナル発生を回避している。目先は24000円固めとなろうが、次のターゲットである1991年10月の戻り高値水準となる25000円台への意識が次第に強まる展開になりそうだ。23950-24200円のレンジを想定。

[予想レンジ]

上限 24200円−下限 23950円


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below