January 25, 2018 / 11:19 PM / 6 months ago

自律反発意識もシグナルは悪化へ


*08:12JST 自律反発意識もシグナルは悪化へ
[本日の想定レンジ]
 25日のNY市場はまちまち。ハイテク株が引き続き軟調だが、主要企業の決算が好感され、NYダウは最高値を更新。ただし、トランプ大統領が最終的にはドル高が望ましいとの認識を示し、原油相場や資源価格が下落。株式相場も上げ幅を縮小する展開となった。ダウ平均は140.67ドル高の26392.79、ナスダックは3.90ポイント安の7411.16。シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円安の23605円。
 シカゴ先物の流れから手掛けづらい面はあるが、円高一服を受けて自律反発が意識されやすいところではある。昨日はギャップ・ダウンからのスタートとなり、支持線として意識されていた5日線を割り込んで始まった。その後いったんは下げ渋る局面もみられたが、5日線に上値を抑えられる格好だった。これにより、もち合いレンジの下限での推移となったが、ボリンジャーバンドでは+1σを割り込んでおり、中心値(25日)とのレンジに移行する。パラボリックのSAR値は23700円近くまで切り上がってくるため、リバウンドを見せられないと陰転シグナルを発生させてくる。目先的には25日線や基準線が位置する23400円近辺が意識されそうだ。23400-23700円のレンジを想定。

[予想レンジ]

上限 23700円−下限 23400円


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below