February 1, 2018 / 11:15 PM / 8 months ago

強弱感が対立、利食い一巡後の切り返しも意識


*08:14JST 強弱感が対立、利食い一巡後の切り返しも意識
[本日の想定レンジ]
 1日のNY市場はまちまち。堅調な12月建設支出や1月ISM製造業景況指数が好感されたが、米国債利回りが高止まりしていることへの警戒感から上値の重い展開となった。ダウ平均は37.32ドル高の26186.71、ナスダックは25.62ポイント安の7385.86。シカゴ日経225先物清算値は大阪比155円安の23285円。
 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から利食い先行となろうが、昨日の大幅反発で心理的な抵抗線を捉えてきていることもあり、想定内の値動きになろう。ボリンジャーバンドでは-1σからのリバウンドにより、中心値(25日)に接近。一目均衡表では基準線を突破し、転換線に接近しているほか、遅行スパンは実線を割り込む目前での切り返しをみせており、上方シグナルを継続させている。週間形状では13週線を支持線に長い下ヒゲを残す格好となり、陽線で週末を終えることができるかが注目される。ボリンジャーバンドでは下ヒゲを残して+1σを回復しており、+1σと+2σとのレンジ推移は継続。+2σは24800円近辺まで切り上がっており、調整一巡感からのリバウンドに向かうことができるかが注目されよう。週足のパラボリックは陰転しているが、SAR値は24100円処に位置しているため、早い段階での陽転シグナル発生に期待したいところ。23200-23600円のレンジを想定。

[予想レンジ]

上限 23600円−下限 23200円


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below